摘発された日本人オンラインカジノプレイヤー、不起訴を勝ち取る!

2016年3月、日本人オンラインカジノプレイヤー3名が摘発されたという報道がありました。
日本国内で初めてオンラインカジノプレイヤーが摘発されたということで、多くのオンラインカジノプレイヤーに衝撃を与えましたが、このたび摘発された3名の日本人オンラインカジノプレイヤーのうち1人が不起訴が確定しました。

摘発された3名のうち2名は裁判で争うことを避け、【略式起訴】による罰金刑を受けています。【略式起訴】は正式な裁判を行わず、罰金だけ払って処分を終わらせる手続きのことをいいます。

2名が罰金処分を受けたということで「オンラインカジノは違法だったのか」と考えてしまう方が多いのですが、この【略式起訴】はその罪が法律状妥当であるかを裁判で争わずに刑を執行するため、【略式起訴】によって罰金を払ったからといってオンラインカジノが違法であるということにはなりません。残った1名が不起訴を勝ち取ったのがその証拠です。

私たちも日本の法律でオンラインカジノに当てはめることは出来ないと考えており、3名の摘発には当初より疑問を抱いていましたので、後押しするような実例が得られありがたい結果となりました。

そこで「なぜこの1名の不起訴が成立したのか」について、担当弁護士の見解が公開されていましたので少し説明したいと思います。

担当弁護士曰く、日本の賭博法とは一般的に、賭博を運営している側を中心に適用される法律で、プレイした側に関しては、運営者を裁くために必要な場合に運営者に付随して罰せられることがある、ということだそうです。

要するに「運営者に罪がある」ことが前提となるのですが、オンラインカジノの場合、きちんとライセンスを取得しているところであれば、海外で合法的に運営されていますので、運営元を裁くことは不可能。
つまり「運営者を処罰できないため、プレイヤーを処罰するべきではない」というのがこの弁護士の主張です。
この意見をもって無事プレイヤー1名の不起訴が確定したことにより、「プレイヤーがオンラインカジノをプレイしたことをわかっていても、検察は起訴することは難しい」ことが一つの例として確認できました。

オンラインカジノのホットな最新情報をお届け!

今一番熱いプロモーション情報をピックアップしてお届け!オンラインカジノ最新ニュースの一覧はこちらからチェック!

オンラインカジノ最新ニュース一覧へ

オンラインカジノランキング

おすすめオンラインカジノ

人気スロットランキング
ライブゲームを楽しもう
オンラインカジノゲーム必勝法

新着ニュース