パーレイ法は勝てる!?
攻略法の使い方や計算方法を徹底解説

連勝狙いで大金ゲット!パーレイ法(逆マーチンゲール法)を徹底解説

オンラインカジノで使える攻略法として、負けた分を取り返すために、負けた後にベット額を倍にしていくマーチンゲール法が有名ですが、逆に勝った時にベット額を倍にする攻略法があります。

マーチンゲール法が「守り」の作戦であれば、逆マーチンゲール法とも呼ばれるこの攻略法は「攻め」の作戦と言えるでしょう。
それが「パーレイ法」です。

パーレイ法の使い方がすぐ分かるおすすめ動画

どんな攻略法もまずは実践してみることが、習得への近道になります。 実際にオンラインカジノのルーレットでパーレイ法を実践している解説動画があるので、ぜひご覧ください。

パーレイ法の進め方や稼ぎやすさなどを体験することができます。

パーレイ法の解説動画を見る

パーレイ法(逆マーチンゲール法)ってどんな攻略法?

パーレイ法(逆マーチンゲール法)ってどんな攻略法?

パーレイ法は「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。
マーチンゲール法が負けた時にベット額を倍にしていくのに対して、パーレイ法は勝った時にベット額を倍にしていきます。
パーレイ法は勝率が50%で配当が2倍のゲームに使える攻略法で、バカラやブラックジャックでも用いられています。

パーレイ法の特徴としては、連勝することができれば大金をゲットできるという特徴があります。
勝った時にベット額を倍にするということは、今までの勝ち金を全てベットしていくということになります。
勝てば勝つほどベット額が大きくなり、儲けも大きくなるものの、1度でも負けてしまうと勝っていた分をすべて失くすことになります。

パーレイ法を成功させるポイントは連勝することができるかどうかということと、一旦利益を確定する連勝回数を何回に設定するかという点です。

パーレイ法を使った賭け方

パーレイ法を使った賭け方

パーレイ法の賭け方はとても簡単です。

勝負に勝った時にベット額を倍にしていき、負けた時にはリセットし最初に戻る。
これを繰り返していく形になります。

パーレイ法の基本的な手順

まずはパーレイ法の基本的な手順から解説します。
ゲームは勝率約50%、配当が2倍のものを選ぶと良いでしょう。

  1. 利益を確定するための連勝回数を決める
    • 「3連勝したらリセット」「4連勝したらリセット」など
  2. 初回にベットする金額を決める
  3. 勝敗によって次のゲームのベット金額を変える
    • 勝った場合:次の勝負では倍の金額を変える
    • 負けた場合:攻略法をリセットし初回ベット金額に戻る

ルールはそこまで難しくありませんが、キモとなるのは「連勝回数」を何回にするかという点です。
これは実践してみて、バランスの良いものを見つけていくと良いでしょう。

パーレイ法の実践シミュレーション

実践をする前に、簡単なルールを決めておきます。

  • 3連勝で利益確定
  • ルーレットの「赤」にベットする
  • 初回ベットは$1

上記の点を踏まえて、順を追って見ていきましょう。

ゲーム
回数
1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
ベット額 $1 $2 $4 $1 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 勝ち(3) 負け 負け
収支 +$1 +$3 +$7 +$6 +$5
ゲーム
回数
6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
ベット額 $1 $2 $4 $1 $2
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 勝ち(3) 勝ち(1) 負け
収支 +$6 +$8 +$12 +$13 +$11
ゲーム
回数
11回目 12回目 13回目 14回目 15回目
ベット額 $1 $2 $4 $1 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 負け 負け 負け
収支 +$12 +$14 +$10 +$9 +$8
  1. 1回目~3回目は3連勝で+$7で利益確定
  2. その後勝つまでは$1をベット
  3. 6回目~8回目が3連勝で+$7で利益確定
  4. 9回目は勝利→10回目で連勝できず-$2
  5. 11回目と12回目で連勝→13回目で負け-$4
  6. その後は勝つことができず最終+$8で終了

パーレイ法は途中で負けてもトータル損失は小さい

パーレイ法の基本的な考え方としては連勝を狙っていく形になりますが、仮に連勝できなくても、勝利したお金をそのままベットしていくことになるため、トータルで損失が大きくなるわけではありません。

また、連敗が続く時も、最初に決めた最小ベット額が少しずつ減っていくだけなので、そこまで負けこむこともないでしょう。

連勝回数の設定がキモ!?パーレイ法を成功させるコツは?

例えば、1ドルの賭け金から始まり10連勝した場合、どれくらい儲けが出るでしょうか?なんと、1023$にもなります。

勝ち金だけで考えると、1回目勝った場合、2回目勝った場合……10回勝った場合をみると、1$、3$、7$、15$、31$、63$、127$、255$、512$、1023$となります。
1$で始めた勝負がたった10回の勝負で1,000$以上を獲得できるのですから、一攫千金の大技だとも言えます。

連勝回数の設定とゲームの流れで収支は変わる

連勝回数の設定とゲームの流れで収支は変わる

ですが、パーレイ法には大きな問題・弱点が存在しています。
運が良ければ勝ち続けることはできるかもしれませんが、ほとんどの場合、いつかは負けてしまいます

連勝回数を決めて利益を確定させる

パーレイ法を成功させるための秘訣は、「どこでパーレイ法を止めるか?」ということです。
ある程度、自分の中で『○回連勝したらパーレイ法を一旦止めて利益を確定する』と決めておくのが良いでしょう。

ゲームの流れや場の空気を読むことも大事

また、場の空気を読んで、負けそうであれば早めに逃げると言うこともできるでしょう。
ある意味、ツキや場の流れといったものに相当依存するベッティングシステムであると言えますね。

例えば、ブラックジャックで良いカードの流れの時やバカラで良いシューにたまたま遭遇できた時には、パーレイ法を使って勝ち金を大きく増やせるかもしれません。
事実、ブラックジャックではプレイヤーに有利なカードの流れといったものが存在します。

だいたいの目安としては「3連勝~4連勝」くらいを目安にして利益を確定していくことが多いようです。

連勝回数の設定を変えた場合のシミュレーション

仮に先ほどのシミュレーションを、連勝回数の設定を変えたら収支がどうなるかを検証してみましょう。

連勝回数を「4連勝」に設定した場合

ゲーム
回数
1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
ベット額 $1 $2 $4 $8 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 勝ち(3) 負け 負け
収支 +$1 +$3 +$7 -$1 -$2
ゲーム
回数
6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
ベット額 $1 $2 $4 $8 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 勝ち(3) 勝ち(4) 負け
収支 -$1 +$1 +$5 +$13 +$12
ゲーム
回数
11回目 12回目 13回目 14回目 15回目
ベット額 $1 $2 $4 $1 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 負け 負け 負け
収支 +$13 +$15 +$11 +$10 +$9

勝敗状況が全く同じゲームでも連勝回数の設定によって結果が変わります。
「4連勝」に設定した場合、パーレイ法の成功回数は1回だけになりましたが、4連勝した時の配当が大きい為、結果的には「3連勝」に設定した時よりも最終収支が$1多くなりました。

連勝回数を「2連勝」に設定した場合

ゲーム
回数
1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
ベット額 $1 $2 $1 $1 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 勝ち(1) 負け 負け
収支 +$1 +$3 +$4 +$2 +$1
ゲーム
回数
6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
ベット額 $1 $2 $1 $2 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 勝ち(1) 勝ち(2) 負け
収支 +$2 +$4 +$5 +$7 +$6
ゲーム
回数
11回目 12回目 13回目 14回目 15回目
ベット額 $1 $2 $1 $1 $1
勝敗 勝ち(1) 勝ち(2) 負け 負け 負け
収支 +$7 +$9 +$8 +$7 +$6

「2連勝」に設定した場合は、パーレイ法の成功率は4回まで上がりました。
ですが、1回の勝利金額が小さいので、連勝するまでの間残高が目減りします。
上記のシミュレーションでは「3連勝」に設定した時よりも最終収支が$2少なくなりました。

勝ち逃げするポイントの見極めをしよう

上記のシミュレーションのように、それぞれの連勝回数の設定の違いで、収支がどう変化するかにそれぞれ特徴があります。
その特徴を捉えることができれば、「勝ち逃げするポイント」がイメージしやすくなります。

  • 連勝回数2回の場合・・・
    12回目+$9で勝ち逃げ
  • 連勝回数3回の場合・・・
    3回目+$7、もしくは8回目+$12で勝ち逃げ
  • 連勝回数4回の場合・・・
    9回目+$13で勝ち逃げ

こうした特徴はバカラやブラックジャックなどゲームの違いによっても変わるので、いろいろと試してみると良いでしょう。

連勝できる確率を計算してみよう

パーレイ法の攻略には「いかに連勝できるか」がキモになりますが、勝率が約50%のゲームで連勝できる統計を知っておくのも役立ちます。

バカラやブラックジャックなど、勝率が50%のゲームでどれ位の確率で連勝できるのか簡単に計算してみましょう。

  • 1勝  ・・・ 50%
  • 2連勝 ・・・ 25%
  • 3連勝 ・・・ 12.5%
  • 4連勝 ・・・ 6.25%
  • 5連勝 ・・・ 3.13%
  • 6連勝 ・・・ 1.56%
  • 7連勝 ・・・ 0.78%
  • 8連勝 ・・・ 0.39%
  • 9連勝 ・・・ 0.20%
  • 10連勝 ・・・ 0.10%

つまり、10連勝する確率は1000回に1回ということになります。

実際、確率に関してはもっと複雑で、ルーレットの赤or黒、奇数or偶数といった前のゲームに影響されない『独立事象』のゲームではなく、 ブラックジャックやバカラなどカードの出方やシューに残っているカードによって勝負の確率が変わるものもあります。

どちらにしても、あくまでも「確率」であり、絶対の指標にならないことはしっかりと理解しておいてくださいね。

パーレイ法の効果を最大限に引き上げる方法

パーレイ法の成功率や効果をあげるには、「連勝」する環境をなるべく作ってあげることです。

基本的な考え方としては、1回1回の勝負で高確率の時に賭けることができれば、パーレイ法の成功率も上がります。

もともと勝率が高い攻略法との組み合わせ

もともと勝率が高い攻略法との組み合わせ

オンラインカジノで使える攻略法の中には、1回の勝負で勝率が高い攻略法が存在します。
その攻略法とパーレイ法を組み合わせることで、より効果的に稼いでいくことができます。

これはパーレイ法の成功率を上げるというよりも、組み合わせる攻略法の効果をブーストさせるようなイメージです。

勝率81%のダブルストリート5ベット法と組み合わせて使う

この攻略法は「ルーレットのみ」で使うことができる攻略法です。

ダブルストリートベット法とは?

ルーレットには「ダブルストリート」と呼ばれる賭け方があります。
「ダブルストリート」1ヶ所にベットすることで6つの数字に賭けることができます。
その賭け方で5ヶ所にベットすれば、「6つの数字」×「5ヶ所」=30ヶの数字にベットすることになります。

ダブルストリートベット法とは?

1回の勝負の勝率はなんと81%という驚異的なものですが、1回勝利したときの配当は20%です。
つまり、ダブルストリート5ベット法だけを使った場合、5回に1回の割合で負けてしまうと収支がマイナスになってしまうわけです。

この弱点をパーレイ法が補います。

ダブルストリート5ベット法は連勝しやすい攻略法なので、5回に1回の割合で負けてしまう前に、パーレイ法で利益を確定しておくという考え方になります。

ダブルストリート5ベット法×パーレイ法を検証!

ベラジョンカジノで遊べる「Roulette Neo(Relax Gaming社)」の無料プレイで検証してみました。

前もって下記のルールを決めてプレイしてみます。

  1. 軍資金:5,000$ ※無料プレイ時の設定時
  2. ダブルストリート5ベット法でゲームを進める
    (「ダブルストリート」に1$×5ヶ所にベットする)
  3. さらにパーレイ法を適用
  4. パーレイ法の連勝回数は4回に設定
  5. 20回ルーレットを回して終了

【検証結果】

もともと勝率が高い攻略法との組み合わせ

もともと勝率が高い攻略法との組み合わせ

上記のような結果になりました。
最終的な収支はなんと「+$42」でした。

若干連勝が決まり過ぎた気がしますが、パーレイ法の成功率の高さは実感することができました。
ダブルストリート5ベット法の勝率が81%なので、20回勝負をすれば4回は負けることになりますが、残り16回は勝利する計算になります。
つまりパーレイ法で定めた4連勝をする確率は非常に高いと言えるわけです。

連勝設定を3回に設定すれば、もっと高確率で成功できるでしょう。
ですが、1回負けた時の損失の割合が大きいため、3連勝した時の勝利では回収しきれないイメージがあります。

いずれにしても、それぞれの攻略法の弱点を補う形になることは実感いただけたのではないでしょうか。

勝率が高い攻略法は他にもあるので、パーレイ法と相性の良い攻略法を見つけるのも楽しいですね。

攻略法に慣れるなら無料プレイが最適!

攻略法を試すといっても、実際に成功するか分からないものにお金を賭けるのは少し不安ですよね。

そんな時は、オンラインカジノに登録せずにゲームが試せる「無料プレイ」を活用しましょう!

無料プレイで試してみる!

パーレイ法を使うときは慎重に!

パーレイ法は「連勝できるか」という点に賭けて、大金を狙う攻略法です。
元金が少なくても、うまくいけば運次第では稼ぐことができる夢のある攻略法。
ただ、ひたすら勝つたびにベット額を増やしていくのではなく、「●連勝したらパーレイ法を止める」という戦略も大事です。
バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどゲームによって戦略を変えて活用すれば、勝ちパターンを見つけることができるかも?

以上がパーレイ法の解説でした。

今回解説したパーレイ法に関しては、やり方が簡単なのですぐに試すことができますね。
攻略法の中には数列をメモしていきながらベット額を決める複雑なやり方もあります。
「カジノを破産させた攻略法」と呼び声の高い「モンテカルロ法」などがそれにあたります。

【→攻略法で勝てない人が読みたい!勝つための攻略法分析ブログはこちら