オンラインカジノの歴史 ライセンス制度やゲームの成り立ちを解説

オンラインカジノの歴史を解説 ライセンス制度やゲームの成り立ちなどについて オンラインカジノお役立ちコラム

YUKIO先輩、オンラインカジノっていつから始まったんですか?何気なく遊んでますけど、よく考えたらライセンスとかゲームとか凄い仕組みだなって思って。

おぉ、オンラインカジノの成り立ちとかこれまでの歴史とかなら知ってるぞ。聞くか?

ありがとうございます!勉強になりそうです!!

著者情報
著者:YUKIO

YUKIO
スロット検証・攻略法担当
/ オンラインカジノ歴10年

オンラインカジノはライセンスの発行や監査機関の設立など、公正な運営を維持する制度が確立されている。さらにプレイできるゲームも時代に合わせて進化していることが、オンラインカジノが世界的に人気となった理由だ。今回は、そんなオンラインカジノの誕生から発展について話していくから、ちょっとした豆知識として読んでくれ。

オンラインカジノランキング
運営実績のあるオンラインカジノTOP3
オンラインカジノランキング
当サイトのオンラインカジノランキングでは、運営企業の信頼性が高く実績も十分なオンラインカジノTOP3を掲載しています。それぞれのカジノの特徴から、プレイヤーのタイプ別おすすめポイントも紹介中です!

世界で初めてのオンラインカジノが誕生するまで

1994年ライセンスの制定 ゲームの開発が開始 1996年 インターカジノが誕生

オンラインカジノの歴史が始まったのは、1994年頃からだといわれている。

世界で初めてオンラインカジノの運営許可証「ライセンス」の発行を許可する法案が可決されたのが1994年で、それをきっかけにカジノゲームのソフトウェア開発が始まっていったんだ。

まずは、ライセンス発行を取り決めた国や、最初にソフトウェア開発を行った会社、世界初のオンラインカジノ「インターカジノ」などについて話していくぞ。

【1994年】ライセンス制度に関する法律ができる

オンラインカジノを合法的に運営するうえで必要となるライセンス制度は、1994年に始まった

イギリス連邦加盟国「アンディグア・バーブーダ」という国で、ライセンスを発行する法律が可決されたことで、オンラインカジノの運営が認可されたんだ。

アンディグア・バーブーダでのライセンスに関する法律の制定がなければ、オンラインカジノの誕生はもっと先になっていたかもしれないな。

余談だが、アンディグア・バーブーダはカリブ海上の小さな島々からなる国で、美しい海や世界遺産などもあることから近年ではリゾート地としても注目されているぞ。

【1994年】Microgaming(マイクロゲーミング)社によるゲーム開発がスタート

ライセンス制度ができた同年の1994年に、イギリス領マン島に本社を置く「Microgaming(マイクロゲーミング)社」が世界で初めてオンラインカジノのソフトウェア開発に取り組み始めたんだ。

「Mega Moolah(メガムーラ)」をはじめとする高額ジャックポットスロットを多く提供している会社だから、スロット好きな人なら聞いたことがあるんじゃないかな。

ちなみに1994年といえば、まだインターネットが一般的に普及する前。

それにも関わらず、Microgaming(マイクロゲーミング)社はライセンス制度ができたのとほぼ同時にゲームの開発を始めたんだから、オンラインカジノの発展を見込んでいたということになる。

Microgaming(マイクロゲーミング)社は今もなおゲームの開発・提供を行っていて、リリースしたゲーム数は累計800種類以上にもなるぞ。

【1996年】世界で初めてのオンラインカジノがオープン

1996年、ついに世界初のオンラインカジノ「インターカジノ」が誕生したんだ。

25年以上もの運営実績を持つインターカジノは、2007年にもっとも審査が厳しいとされているマルタ政府のライセンス「Malta Gaming Authority(MGA)」を取得。

2020年には、もっとプレイヤーの希望に応じたサービスを提供できるようキュラソー政府のライセンスへと変更しているが、信頼性の高い優良なオンラインカジノとして長年人気を得ている。

日本でも人気が高い「ベラジョンカジノ」や「遊雅堂」もインターカジノと同じ会社が運営をしていて、現在もオンラインカジノ業界で成長を続けているぞ。

インターカジノの登場後をきっかけに多くの企業が業界に参入し、さまざまなオンラインカジノがリリースされていったことはもう説明するまでもないよな。

インターカジノについて詳しく見る

オンラインカジノ誕生以降から現在までの発展について

1998年日本語対応が開始 1999年ジャックポットなどが誕生 2003年 監査機関の設立 2010年モバイル対応がスタート

次は、インターカジノ誕生以降の動きについて話していくぞ。

盛り上がりを見せていくオンラインカジノ業界だが、プレイヤーがより楽しめるようなゲームが開発される一方で、不正を行う悪徳なオンラインカジノも出てきたんだ。

それぞれの出来事について、詳しく見ていこう。

【1998年】日本語対応のオンラインカジノが誕生

1998年、「インペリアルカジノ」がほかのオンラインカジノに先駆けて、本格的な日本語対応を開始した。

それまでのオンラインカジノは日本語表記があってもわかりにくい、サポートは英語のみというカジノが多くて、日本人にとっては使いにくいイメージが強かったんだ。

しかし、インペリアルカジノがサイトを完全日本語対応、日本語でのサポートも開始したことで、ほかのオンラインカジノも続々と日本語に対応し始め、徐々にオンラインカジノに対する日本人の認知度も上がっていったわけだ。

しかし残念ながら、インペリアルカジノは2020年にサービスを終了している。

ずっと自社開発のゲームを提供していたが、ほかのソフトウェア会社が台頭する中で時代に合わせたゲームを作り続けるのは厳しかったみたいだ。

だがインペリアルカジノがなかったら、オンラインカジノは今みたいに日本国内で普及していなかったかもしれないな。

【1999年】ジャックポットが誕生、複数人でのプレイも可能に

インペリアルカジノが日本語対応をしたのと同年である1998年には、「プログレッシブジャックポット」が誕生した。

プログレッシブジャックポットは、そのスロットをプレイしている全員の賭け金の一部を積み立てランダムに払い出すことから、その賞金額は数千万から数億円に上ることもある。

オンラインカジノのプレイヤーにとっては、一攫千金が狙える夢のあるスロットとしてすっかりお馴染みだよな。

また、1999年頃からは自分以外のプレイヤーとオンライン上でゲームがプレイできる「マルチプレイヤーテーブル」も登場したんだ。

それまでのオンラインカジノは1人で楽しむものだったが、この「マルチプレイヤーテーブル」では、ほかのプレイヤーとチャットをしながらポーカーやブラックジャックなどのテーブルゲームをプレイできるようになった。

このように、インターカジノがオープンしてからわずか3年ほどで、あらゆる工夫を凝らしたゲームが続々と配信されるようになった。

オンラインカジノは、短期間でかなりめざましい発展を遂げたといえるだろう。

【2003年】第三者機関の監査を導入、不正行為の対策へ

ソフトウェア会社がオンラインカジノへゲーム提供

オンラインカジノ業界が成長するにつれて、ライセンスを持たずに運営をしていたり、詐欺やイカサマをする、出金させないなどの不正を行うオンラインカジノも出てきた。

そんな悪徳オンラインカジノを取り締まるために、ライセンス発行国は審査基準をより厳しく引き上げるなどの対策を始めたんだ。

2003年には、オンラインカジノの不正を監視する第三者機関「eCOGRA(イーコグラ)」も立ち上げられた。

第三者機関は、ソフトウェア会社が提供しているゲームに対し、還元率や勝率は適正な数値であるか、プレイヤーが不利益になるようプログラムを意図的に操作していないかなどの監査を行っているんだ。

万が一、不正が発覚した場合はライセンスが取り消され、運営停止となる。

オンラインカジノ側からすると今後の売上と信用を大きく失うことになるわけだから、ライセンスを取得し監査も受けているカジノであれば、イカサマをする可能性は限りなく低いといえる。

監査を受けているオンラインカジノはサイトにその旨を表記しているから、オンラインカジノを選ぶときはライセンスと合わせてチェックしてくれ。

【2010年】ライブカジノゲームが配信開始

2010年頃には「Microgaming(マイクロゲーミング)社」や「EvolutionGaming(エヴォリューションゲーミング)社」がライブカジノゲームの配信をスタートさせた。

それまでオンラインカジノといえば、コンピューター相手のビデオゲームが主流だったが、ライブカジノではディーラーと中継を繋いでリアルタイムで対戦ができるようになったんだ。

海外に行かなくても本場ランドカジノの雰囲気を味わいながらプレイできるライブカジノの登場は、かなり画期的な出来事だといえるだろう。

【2010年】モバイル対応で場所を問わずプレイが可能に

2010年代前半にはスマートフォンもかなり普及したこともあり、多くのオンラインカジノがスマホやタブレットなどのモバイル対応を始めた。

アプリをリリースするカジノもあって、いつでもどこでもオンラインカジノが利用できるようになったことから、世界中でますます人気が広がっていったんだ。

ちなみにベラジョンカジノが日本でサービスを開始したのも2012年だから、ちょうどこの頃になるな。

まとめ

全世界で4,000万人以上のプレイヤーがいるといわれているオンラインカジノは、さまざまな国や企業の努力があったからこそ、ここまで成長したんだ。

まだまだ発展するIT技術に合わせて、今後ももっと面白いゲームが出てくるもかもしれない。

だけどそのぶん、新しいオンラインカジノも続々と誕生している。

その中には、悪徳なサイトも未だに存在しているのが事実だ。

これからオンラインカジノを始める人や、新しいカジノでプレイしてみたいという人は、今回話したようにライセンスの取得状況や監査の有無はしっかり確認してくれ。

オンラインカジノって、僕らが楽しく遊ぶためにいろんな工夫がされていたんですね~!

そうだな。ライセンスや監査とかの信頼性を保障する仕組みもそうだし、今や開発されたゲーム数も何千種類にもなるんだから凄い発展だといえるな。

これからはオンラインカジノの運営を支えている人たちに感謝して、負けてもあまり怒らないようにします!!

お、おう…。

オンラインカジノランキング
おすすめオンラインカジノランキング
オンラインカジノランキング
オンラインカジノランキングでは、信頼性や実績に加え、配信ゲーム数やイベントなどが充実したオンラインカジノを掲載中!「ボーナスが高額」「高額賞金が出た」など、おすすめポイントごとに紹介しているので、楽しめるオンラインカジノが見付かります!
タイトルとURLをコピーしました