スロット「スターバースト(STARBURST)」で1スピンのベット額の違いを検証

1スピンのベット額は多い方がい良い?オンラインカジノスロット「STARBURST(スターバースト)」で検証! オンラインカジノのスロットで勝てない人必見!実践動画で稼ぐコツを解説

YUKIO先輩!ちょっと教えて欲しいことが・・・

AKIRAか。どうしたんだ?またスロットでバイト代溶けたのか?

ひどいっすね!
僕もスロットばっかりやってるわけじゃないっすよ。
といいつつ、おっしゃる通りです・・・ハハハ・・・

やっぱりな・・・
それで?聞きたいことは何なんだ?

スロット回すときにベット額の設定変えられるじゃないですか?
やっぱりベット額大きい方がいいんですかね?

なるほどな。
ベット額の大きさで当たりやすさが変わったりすることはないと思うが。
それよりも大事なのは「軍資金とのバランス」じゃないか?

バランス?ですか・・?

口で説明するのは難しい!
じゃあ、ベット額を変えてスロットを検証してみるか?

はい!よろしくお願いします!

オンラインカジノのスロットは1スピンに賭ける額を変えられる

まず基本中の基本として、オンラインカジノのスロットは1回のスピンに必要な額を変えることができる。
機種によって設定方法はいろいろだ。

単純に1回のスピンのベット額を定められた範囲で変えられるものもあれば、ベットするペイラインも合わせて変えられるものもあるぞ。

例えば、10ヶのペイラインがあるスロットで、ペイラインの指定とベット額が設定できるとする。
ベット額を「$1」にし、ペイラインの数を「5」と指定すると、「$1×5ライン」となり、1スピンあたりのベット額は「$5」になるんだ。

ペイラインの指定がないスロットの場合は、ベット額に指定した額が、そのまま1スピン当たりの額になるぞ。

今日はトータルの額としてベット額を増減させたときの違いが知りたいです!

OK。
じゃあ、今回は1スピンあたりのベット額の違いについて検証してみよう。

1スピンのベット額を変えるってどういうこと?

ベット額の変更についてオンラインカジノで人気のスロット「STARBURST(スターバースト)」の例を見てみよう。

【→STARBURST(スターバースト)の詳細はこちら

「STARBURST(スターバースト)」は、5×3リールでペイラインが10ラインのスロット。
設定が変えられるのは「コインバリュー」と「レベル」だ。

  • コインバリュー:$0.01~$2.00
  • レベル:1~10(倍賭けの設定)

※以前はペイラインの設定も可能だったが、現在は設定不可。

1回のベット額は「コインバリュー×レベル×10(ペイライン数)」で決まるぞ。
最低ベット額は、「$0.1」(コインバリュー$0.01×レベル1×10ライン)
最高ベット額は、「$200」(コインバリュー$2.00×レベル10×10ライン)

試してみるのは次の3パターンだ。
今回はレベルは「1」に固定して、コインバリューだけ設定を変えてみよう。

  • 「$0.1」$0.01×レベル1×10ライン
  • 「$5.0」$0.50×レベル1×10ライン
  • 「$20」$2.00×レベル1×10ライン

この3つのベット額の違いで、結果がどうなるか検証してみよう!

でもYUKIO先輩!
今日は僕、検証するお金がありません!

心配するな。
オンラインカジノには無料プレイがあるから、検証するのはタダだぞ。

試し打ちができるってことですか?
オンラインカジノのスロットは攻略しやすいですね!

まぁ、あくまでも検証だ。
ギャンブルに絶対はないからそこは注意しろよ。

スロット「STARBURST(スターバースト)」をベット額を変えて検証!

では早速STARBURST(スターバースト)を回して検証してみよう!

検証するにあたって、以下の点を決めておく。

  • 軍資金は$500を想定
  • 1回の検証は100スピンで打ち止め
  • 軍資金が0になったら強制終了
    ※無料プレイでは$5,000が予め準備されているため、残高が「$4,500」になったら強制終了。

今回は検証するだけだからこの程度だが、実際にお金を賭けてスロットを回す場合は、しっかりとルールを決めて回すようにしよう。

確かに、僕もなにも決めずにやってたなぁ。
気が付いたら財布にお金がなくて・・・。

手元のお金を全て突っ込んでしまうと意味がない。
負けることを前提として、やめる勇気が大切だ。

検証①ベット額「0.1ドル/1スピン」で100スピンした場合

さて、最初の検証結果が出たぞ。
まずはざっくりと結果を見ておこう。

検証①ベット額「$0.1/1スピン」で100スピンした場合

最終的には収支がマイナスになってしまった形だ。
100回スピンする間で、残高の最高は$501.06で、最低は$499.12だった。
振れ幅を考えても、負けの流れと言える。

軍資金の消費率はかなり低いが、稼ぐことを目的にする場合は、少し時間がかかりすぎるイメージだ。

検証②ベット額「5.0ドル/1スピン」で100スピンした場合


次はベット額を少し上げて、1回のスピンについて$5.0をベットしていくぞ。
その時の結果がこれだ。

検証①ベット額「$0.1/1スピン」で100スピンした場合

最終の残高は$557となり、軍資金の10%以上を増やすことができたぞ。
最低残高と最高残高の振れ幅を見ても、勝ちパターンにはまったと言えるな。

軍資金100%の消費率で、収益を最大で30%まで増やすことができる可能性があるのは、大きな魅力と言える。

検証③ベット額「20ドル/1スピン」で100スピンした場合

最後は、1スピンのベット額を高めの設定にしてみたぞ。
「1スピン=$20」だから、円で言うと約2,000円ちょっとになる。
さすがに1回のスピンで2,000円を消費と思うと、少し怖いな。

まずは結果を見てみよう。

検証①ベット額「$0.1/1スピン」で100スピンした場合

最終的には勝つことができたが、結果オーライというイメージだな。

100スピンの間での最高残高は$1,500だ。
これは軍資金の300%に当たるから、ここで勝ち逃げができていれば、かなりの儲けになる。
但し、最低残高としては「$320」になっていた時もあり、かなりリスクがある検証だったと言えるな。

このベット額だと、もし全く当たらなければ25回で検証は終了していたことになる。
今回の検証で決めたルールは100スピン。
実際、単純に100スピンをするためには、20$×100スピン=$2,000が必要なのに対して、手持ちは$500。

これでは明らかに無謀と言える。

なるほど~。
ベット額を変えるだけでこんなに違いが出るんですね。

そうだな。
ただ勘違いしてはいけないのは、ベット額を上げれば勝てるというわけではないということだ。

どういうことですか?

今回はたまたまベット額を上げた回に勝てただけ。
大事なのは検証結果から、軍資金とベット額のバランスを知るということだ。

ベット額は自分の軍資金の額とのバランスが重要

今回の検証結果から実際のプレイに役立てるところは「ベット額と軍資金のバランス」をしっかりと設定するということだ。

ベット額が少なすぎると、リスクは低いがその分ちまちまとしか収益を出すことはできない。
逆に多すぎると、大きく稼げるチャンスはあるが、流れが悪い時は軍資金が溶けてしまう。

自分の軍資金がいくらで、何割まで使うことができるのか、しっかり見定めよう。

スロットには機種ごとにそれぞれ癖や流れというものがある。
なるべく多い回数を無料スピンで検証することをおすすめするぞ。

特に見ておきたいのは以下の2点だ。

  • 小さな当たりを含めた通常スピン時の減り方
  • 期待度が高い当たりの額

ここは最低でも抑えておくようにな!

先輩、今日はありがとうございました!
今までなんとなくでスロットで遊んでましたが、ちゃんと考えないといけないですね。

そうだな。
汗水流してもらったバイト代だ。
無駄遣いだけは注意だぞ。

分かりました!
あ、そろそろバイト行かなきゃ!
スロットで稼いで、目指せ!脱バイト生活!
じゃ、先輩!また!

おぅ、そうか。
気をつけてな!
あんまり調子に乗るなよ~

今回検証に使ったオンラインカジノはここ!

ラッキーニッキー

ラッキーニッキー

ラッキーニッキーはヨーロッパの企業が作りだした、日本人向けのオンラインカジノ。可愛いアニメ風キャラクターが親しみやすく、決済方法も充実!

ラッキーニッキーの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました