負け分を効率よく回収!モンテカルロ法がブラックジャックでも通用するか検証

負けを前提で回収するモンテカルロ法の使い方をブラックジャックで検証! カジノゲームで使える攻略法(システムベッティング)の使い方や分析方法が分かる!
くそぉ~・・・
あれは絶対イカサマだろ・・・
どうした?SYUHEI。
何にそんなに怒っている?
あ、YUKIO先輩!お久しぶりです。
実はさっきオンラインカジノのブラックジャックで遊んでたんですよ。
へぇ~。そうなのか。
あれはまたなかなか攻略するのが難しいゲームだな。
まぁ、難しいからこそ分析してるんですが・・・。
あれ絶対イカサマだと思うんですよ!
ん?どうしてそう思うんだ?
基本的にオンラインカジノでのイカサマはないはずだ。
まぁそうは言ってますけど、実際のところ分からないじゃないですか。 さっきも、あり得ないだろってところでこっちがバーストしたり、相手にブラックジャック(21)が入ったり・・・。 完全操作されてますって。
なるほどな。
まぁギャンブルは勝ちにいけばいくほど、そう思ってしまうもんだ。
よし、じゃあ今日はSYUHEIに「モンテカルロ法」っていう攻略法と使い方についてレクチャーしてやろう。
ほんとですか!
ぜひ!お願いします!!

モンテカルロ法ってどんな攻略法?詳しい解説はこちら

負けることを前提としたモンテカルロ法の賢い使い方

負けることを前提としたモンテカルロ法の賢い使い方

いいか?SYUHEI。
まず基本的なこととして、オンラインカジノは「負ける」ことが当たり前と考えるべきなんだ。

すべての勝負で勝つことは絶対に不可能。
つまり、「負けて当然」くらいの心意気で臨むのがちょうどいいんだ。

「勝ちたい。稼ぎたい。」と思ってオンラインカジノでプレイしている人がほとんどだろう。
「負けて当然」と割り切れば、稼ぐ方法を考えることが簡単になる。

そして負けることを前提とされた攻略法が今日、SYUHEIに教えたい「モンテカルロ法」だ。

モンテカルロ法という名前は聞いたことありますが、試したことはないですね。
まぁ、勝負するごとに記録が必要だからとっつきにくいところもあるな。 だが、モンテカルロ法は負けた分を効率よく回収できるから、覚えておいた方がいいぞ!

負け分を効率よく回収できるモンテカルロ法

今日SYUHEIにまず覚えて欲しいのは、モンテカルロ法は負けることを前提にし、負けた分をいかに効率よく回収するかを考えて作られているということだ。

モンテカルロ法の使い方や特徴については、別のところで詳しく書いているから、そこを読んでくれよな。

モンテカルロ法ってどんな攻略法?詳しい解説はこちら

ここでは、モンテカルロ法をどう活用すれば良いかを中心に解説していくぞ。

ブラックジャックでの勝率を上げるベーシックストラテジー

ブラックジャックでの勝率を上げるベーシックストラテジー

基本的に攻略法と呼ばれるものを単体で使うだけでは、なかなかオンラインカジノで勝つのは難しい。

だからプレイするゲームの特徴と攻略法の特徴を分かった上で、攻略法をどう工夫して使うかがとても大事だ。

今回はブラックジャックを攻略したいということだな。
であれば、基本中の基本であるベーシックストラテジーをモンテカルロ法と併用して使っていくのがおすすめだ。

ブラックジャックのベーシックストラテジーって何?

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーが対戦し、配られたカードの合計が「21」に近い方が勝つというゲームだ。

ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配られた時点で、さらにカードを追加するか、そのまま勝負に挑むかを選択できる。
この選択がブラックジャックの勝敗を分けるんだ。

そして、この選択をする上で勝つ確率を上げてくれるのが「ベーシックストラテジー」と呼ばれるものだ。

ベーシックストラテジー表

ブラックジャックの攻略に使うストラテジー表

この表に従って、カードを追加するか、そのまま勝負するかを選んでいく。

細かい説明は今回は省略するが、まずは一旦使ってみるといいぞ。
ベーシックストラテジーの表は、以下の点を考慮して作られている。

  • 次に配られるカードは全て「10」と予想する
  • ディーラーは「17」になるまで必ずカードを追加するというルールがある

ほんとはこの理由も理解しておく方がいいが、今回はまずベーシックストラテジー表を使うところから始めてみよう。

これを使えばブラックジャックに勝てるんですね!
おっと・・・「勝てる」とは言っていないぞ。
あくまでも「勝つ確率を上げる」ためのものだ。
でも確率を上げると言っても、安心はできないですね・・・
そう。だからこそ、それでも負けた時の対策が必要なんだ。
そこで登場するのがモンテカルロ法ということだな。
ベーシックストラテジー⇒勝つ確率を上げる。
モンテカルロ法⇒負け分を効率よく回収する。
それぞれの役割をうまく使った組み合わせですね!
そういうことだ!
じゃあ実際に検証してみるか!

ブラックジャック攻略!モンテカルロ法とベーシックストラテジーの組み合わせを検証

それじゃ、早速検証していこうか。 この検証をするためには、以下のものを準備してくれ。

  • 数式を記載するための紙とペン
  • ブラックジャックのベーシックストラテジー表

ベーシックストラテジーの表は印刷しておくと便利だぞ。

YUKIO先輩! 準備完了しました!
OK! じゃあ、今回はベラジョンカジノの無料プレイで検証してみるぞ。

検証を記録した動画はこちら

モンテカルロ法×ベーシックストラテジーの検証結果

モンテカルロ法×ベーシックストラテジーの検証結果

ここからは検証結果を解説していくぞ。

25回の勝負の中で、モンテカルロ法を使えたのは2回。
どっちの回も意外と早いうちに成功して、利益を出すことができたようだな。

2倍配当のゲームでモンテカルロ法を使うときの注意点

表を見て気付いたかもしれないが、モンテカルロ法を2倍配当のゲーム(ブラックジャック・バカラ等)で使うときには注意が必要だ。

基本的にモンテカルロ法は3倍配当のゲーム(勝率約33%)に使う攻略法。
2倍配当で使うときは、勝った時に消す数字の数を、両端1ヶずつに変更して使えばいい。

今回の検証結果の解説

今回の検証結果をまとめてみよう。

  • 軍資金:$5,000
  • 勝率:48%(12/25)
  • 最終残高:$5,022
  • 最終収益:$22
  • 最高残高:$5,022
  • 最低残高:$4,985
  • 1回の最高ベット額:$19

全体的には優秀な結果と言えるな。

ストラテジーを使ったわりには、勝率があまり伸びなかったのが残念だが、そこはモンテカルロ法でうまくカバーできた形だ。
最終的には、プラスで終わることができたんだから良しとするか!

途中、負けが続いているように見えるが、それは基本的には思い違いであることが多い。
今回も1回目のモンテカルロ法を実験中に「また負けた」「なぜ勝てない?」と思う場面があった。
だが、最終的には勝率約48%と収まるところに収まっている。

数値上は当たり前のことなのに、勝ちたいという思いが強すぎて、「全く勝てない」「イカサマなんじゃ?」と思うことはあるかもしれない。
実際は、確率という数値に近づいていくことを忘れなければ、攻略することは可能だぞ!

なるほど~。
確かに闇雲に欠けていたり、1回1回の勝負だけを見ていると、どうしてもそう思ってしまうかもしれない。
そうだろ。 まずは何も考えず
・淡々とベーシックストラテジーの表通りに追加カードの選択をする。
・さらに淡々とマーチンゲール法の示すとおりにベットする。
これが重要だ。
そうですね!
YUKIO先輩!今日はめちゃくちゃ勉強になりました!
また、迷ったときはご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
おう!いつでも待ってるぞ。
そうだ、モンテカルロ法も完璧ではない。
「決めた残高以下になったらやめる」とかの引き際ポイントだけは決めておけよ!

今回検証に使ったオンラインカジノはここ!

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは業界を代表する大人気のオンラインカジノ。日本国内においても人気があり、初心者でも始めやすいカジュアルな雰囲気があります。

ベラジョンカジノの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました