オンラインカジノ初心者ナビ

仮想通貨を換金する手順と
使った時の税金について

仮想通貨を換金する手順と使った時の税金について

最終更新日:

オンラインカジノでも入出金手段としてスタンダードになりつつある仮想通貨。

最初は難しく感じるかもしれませんが、扱いに慣れてくれば他の決済手段と比べて、よりスピーディーに、簡単に入出金ができる大変便利なものです。

オンラインカジノから仮想通貨(ビットコインなど)で出金はできたけれど、換金する方法や使い方が分からないという方もおられると思います。

また、換金したり使った際に発生する税金に関しても気にしておられる方は多いでしょう。

今回は、仮想通貨の換金方法やその他の利用方法、それに伴う税金について解説していきます。

仮想通貨を換金する手順

仮想通貨を換金する手順

まずは、オンラインカジノから出金した仮想通貨(ビットコインなど)を換金する方法と手順について見ていきましょう。

取引所で円や他の仮想通貨に換金する手順

仮想通貨を換金する場合は、持っている仮想通貨を取引所に送る必要があります。
それは、円に換金するときも、他の仮想通貨に換金するときも同じです。

基本的にはウォレットで保管するのが一般的な為、ここではウォレットに仮想通貨がある状態から説明していきます。
既に取引所に仮想通貨の残高がある場合は、下記の手順⑤からご覧ください。

  1. ① 仮想通貨取引所の受取用アドレスをスマホで読み取るかコピーする

    仮想通貨取引所の受取用アドレスをスマホで読み取るかコピーする

    取引所のアカウントにログインし、入金メニューを開きます。

    通貨ごとに専用のアドレスが用意されているので、表示されたアドレスをコピーします。

    スマホの場合はウォレットアプリの送金画面でQRコードを読み込みます。

  2. ② ウォレットにアドレスをペーストする

    ウォレットにアドレスをペーストする

    コピーしたアドレスをウォレットの送金先欄にペーストします。

    QRコードを読み取った場合は、アドレスが間違っていないかチェックしましょう。

  3. ③ 送金したい金額を入力する

    送金したい金額を入力する

    送金画面の金額欄に送金したい金額を入力します。

    入力した金額に手数料が追加される場合は、残高よりも少ない金額を入力しましょう。
    手数料が送金した金額から差し引かれる場合は全額送金ができます。

  4. ④ 送金ボタンを押す

    送金ボタンを押す

    入力が完了したら、「送金」ボタンを押しましょう。

    ※送金ボタンを押す前、もしくはその後に2段階認証が求められることがあります。
    その場合は、登録している認証方法で認証コードを取得し入力しましょう。
    詳しくは、「お使いのアプリ名+送金方法」などで検索して調べてみましょう。

  5. ⑤ 円や他の仮想通貨に換金する

    円や他の仮想通貨に換金する

    取引所に着金が完了したら、円や他の仮想通貨に換金しましょう。

    元の通貨がビットコインの場合は、ほとんどの場合どの通貨にも換金が可能です。

    ※直接換金ができない場合は、一度ビットコインに換金する必要があります。

  6. ⑥ 換金した通貨の種類により銀行や専用ウォレットに送金

    換金した通貨の種類により銀行や専用ウォレットに送金

    換金が完了したら、通貨に合わせた送金先を選びましょう。

    円の場合は銀行振込が便利です。
    また、他の仮想通貨に換金した際は、通貨ごとの専用ウォレットのアドレスを指定しましょう。

これで仮想通貨の換金は完了です

現時点では、仮想通貨が使えるところが少ない為、円に換金することが多いと思いますが、換金する前に他の使い道についても覚えておきましょう。

換金する以外の仮想通貨の利用方法

換金する以外の仮想通貨の利用方法

現在の仮想通貨の利用シーンは、大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • ネットショップや店頭での決済に使用
  • 投資や資産運用の資金に充てる
  • 寄付をする

それぞれの利用方法の特徴について見ていきましょう。

ネットショップや店頭での決済に使用

どこでも使えるとは言えないものの、ビットコインなどで仮想通貨決済が可能なネットショップや店頭も少しずつ増えてきています。

店頭での支払いに関してはまだ不便ですが、ネットショップではウォレットからQRコードを読み取るだけで支払い可能なので、とても便利です。

特に海外のネットショップで買い物をする際に、クレジットカード情報を入力するのが不安なこともあると思います。

そんな時に仮想通貨であれば、支払い元の情報(送金元アドレス)から個人情報を特定することはできませんし、悪用される心配もありません。
しかも、支払った事実は仮想通貨のシステム上に確実に記帳されるため、支払いトラブルを最小限に収めることができます。

オンラインカジノへの支払いもこの利用シーンにあたります。
使いどころを選べば、今でも便利な決済手段として使えるということです。

投資や資産運用の資金に充てる

仮想通貨は「ブロックチェーン」と呼ばれる、まだ発展途上の技術の為、今は実用性よりも投機・投資商品といった見方の方が強いと言えます。

株などと同じように、仮想通貨自体の価格変動による売買差益を狙ったものや、新しい仮想通貨に関連する投資案件もたくさんあります。

最近では、海外の投資案件も増えており、個人でも、わざわざ証券会社に行かなくても投資や資産運用ができる時代です。
その決済手段として、多くの案件の支払い方法として利用されています。

寄付をする

仮想通貨の活用方法として、「寄付」を挙げることができます。
なぜ仮想通貨で寄付をするのか、不思議に思われた方もおられるかもしれませんが、意外にも最適なツールと言えるのです。

仮想通貨の一つの特徴として、世界中どこに送金するにしても手数料が安いという点があります。
例えば、寄付をするために海外への送金が必要だとします。
10,000円を寄付したいと思っても、銀行振込の手数料に5,000円も取られてしまうとなると、ちょっと躊躇してしまいますよね。

その点、仮想通貨であれば手数料が安いため、海外向けに少額の寄付をしたい場合も簡単にできてしまうわけですね。

今まで寄付をしたことがない方も、これを機会に初チャレンジしてみては?

仮想通貨を使った後の税金はどうなる?

仮想通貨を使った後の税金はどうなる?

オンラインカジノから仮想通貨を出金し利用した場合は税金に関しても注意する必要があります。
単純にオンラインカジノをプレイして儲けが出た場合は、儲け分に対して税金がかかります。

それとは別に考える必要があるのは、仮想通貨の価格変動です。

価格変動による利益が出た場合は課税対象となる

オンラインカジノから出金した仮想通貨が、保有している間に価格が上昇し、取得した時よりも価値が上がった場合は利益が出るため、課税対象となります。
利益の計算をするには、取引所での取得単価、オンラインカジノに入金した時の単価、オンラインカジノから出金した時の単価などを整理する必要があるため、専門家に計算を依頼する方が良いでしょう。

「副業による所得が年間20万円をこえない場合は確定申告の必要がない」といったルールもありますので、その基準を超える程の利益が出た場合は十分に注意してくださいね。

どのタイミングで税金の課税対象となるのか

仮想通貨の価格上昇で出た利益が確定するのは、下記の場合です

  • 仮想通貨を売却した場合
  • 仮想通貨でモノやサービスを購入した場合
  • 仮想通貨を他の仮想通貨に換金した場合

つまり、オンラインカジノから出金した仮想通貨をウォレットに移し、そのまま保有している間は、価格が上昇して含み益が出ていても、課税対象にはなりません。
あくまでも、売却・購入・換金などをした時に税金について考える必要があるということです。
※法律が変わる場合がありますので、その都度確認をしましょう。

オンラインカジノでの決済方法として非常に便利な仮想通貨ですが、その利用方法や税金についてはしっかり把握しておくことをおすすめします。
押さえるところはしっかり押さえて、オンラインカジノを楽しみたいですね!

オンラインカジノでの儲け分も仮想通貨での儲け分も同じ「一時所得」に分類されるので、税金の基本的な考え方は同じです。
詳細は下記のページをご参照ください。

オンラインカジノにかかる税金の計算方法などの詳細はこちら