仮想通貨を保有するなら取引所で購入してウォレットで管理しよう

基本的な仮想通貨の取り扱いは、「仮想通貨を取引所で手に入れて、専用のウォレットで管理する」というのが一連の流れとなっています。
それでは実際に仮想通貨の購入から、ウォレットで管理するまでの流れを見ていきましょう。

仮想通貨(ビットコイン)はまず取引所で購入しよう

仮想通貨を手に入れる方法として、現在最も一般的なのが「取引所での購入」です。
仮想通貨を決済方法として利用するためには、まず取引所で購入しましょう。

仮想通貨の取引所ってなに?

「取引所」は、簡単に言うと「仮想通貨の購入・売買を行うことができる場所」

「取引所」は、簡単に言うと「仮想通貨の購入・売買を行うことができる場所」です。
仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」が個人間で取引を行うシステムを提供しており、言い値で仮想通貨を購入することが可能です。

取引所自体がビットコインを販売する「販売所」というサービスを提供しているところもあります。
販売所で購入する方が手続きが簡単ですが、その分価格は少し高くなってしまいます。
どちらを利用するかは好みですが、やはり比較的安く買えるという点で取引所を利用するユーザーが多いようです。

国内の主な取引所
  • Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)
  • bitbank
  • DMM bitcoin など

安全な仮想通貨取引所を選ぶためのポイント

先ほど紹介した以外にも取引所はたくさんありますが、取引所の選び方には十分に注意を払う必要があります。
なぜならビットコインをはじめとした仮想通貨のハッキング事件などは、取引所のセキュリティ対策の甘さが原因で起こっていることがほとんどなのです。
最近では国内では有名な取引所であった「coincheck」で、仮想通貨「NEM(ネム)」が大量に盗まれたことがありました。
そういった被害にあわないように、できる限り安全な取引所を選ぶようにしましょう。

安全な仮想通貨取引所を選ぶためのポイント

チェックしておきたいポイント
  • セキュリティ対策
  • 運営会社
  • 運営会社の資本金
  • サポート体制

特に重要なのはセキュリティ対策です。仮想通貨自体のセキュリティが高くても、取引所が対応していないと意味がありません。
「コールドウォレット」「マルチシグ」「2段階認証」は最低でも押さえておきましょう。

【→セキュリティ対策について詳しくはこちら

取引所を開設するために準備するもの

登録はネット上で可能ですので、PCがスマホだけですぐに開設できます。
取引所に口座を開設するために、下記の3点を準備しておきましょう。

  • メールアドレス
  • 入出金用の銀行口座
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

準備ができたら取引所のアカウント作成から始めよう

仮想通貨の取引をするためには、まず取引所で口座を開設し、そこに取引するための日本円を入金しておく必要があります。入金に利用できる方法は取引所によって異なりますが、銀行振込やクレジットカード、コンビニ支払いなどを利用することができます。
利用したい入金手段がある場合は、取引所で利用可能か調べておきましょう。

国内の主な取引所

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine(旧QUOINEX)は世界最大の取引所。
取引手数料や口座開設手数料、口座維持費用など、各種手数料が無料なので、よく取引を行うなら特にオススメです。
オフラインで仮想通貨を管理する「コールドウォレット」を100%適用しているため、セキュリティの面でも安心です。

bitbank

bitbank

Bitbankでは、人気の仮想通貨6種を取引形式で購入することができます。
ビットコイン以外のアルトコインは販売のみで取引形式で購入できないという取引所が多い中、安く購入できる取引形式が導入されているのはありがたいポイントです。コールドウォレット・マルチシグなどセキュリティ面も安心。

DMM bitcoin

DMM bitcoin

国内でも有名なDMMによる取引所がこちら。主流な仮想通貨7種の取引が可能で、セキュリティ対策もしっかりしています。
大手企業による運営で安心感があることに加え、LINEサポートなどで気軽に相談しやすい環境があるので、初心者にもオススメです。

保管する場合は仮想通貨専用のウォレットを作ろう

取引所で仮想通貨を購入した場合、その仮想通貨は取引所の口座に保管されます。しかし取引所に預けたままにしていては、ハッキングや不正送金のリスクが高まり危険です。
仮想通貨は自己管理がとても大切。自分の仮想通貨を保管して守るために、「ウォレット」と呼ばれる専用の財布を用意しましょう。

仮想通貨を保管するウォレットって何?

「ウォレット」とは、その名の通り仮想通貨を保管しておく「財布」のようなものです。ウォレットにはいくつかの種類があり、ウェブ上で管理するものやローカル(ネットに繋がっていない状態)で管理するものなど、用途などによって選び方が変わってきます。自分のスタイルに合ったウォレットを選ぶようにしましょう。

いろいろあるウォレットの種類

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

専用端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。ネットから遮断された状態で管理するので、ハッキングの危険性を下げることができます。セキュリティが高く、長期管理に向いています。

メリット:ハッキングのリスクが低い
デメリット:利便性にやや欠ける、価格が高価
例)Trezor、Ledger Nano Sなど

ローカルウォレット

ローカルウォレット

PCやスマホ上でローカル管理するタイプのウォレットです。仮想通貨自体は端末そのものに保管されますが、端末はネットに接続することが可能のため、少し注意が必要です。

メリット:利便性とセキュリティのバランスが良い。初心者におすすめ
デメリット:その端末でなければ操作できない。端末故障の危険性
例)Copay、Gincoなど

ウェブウォレット

ウェブウォレット

Web上に保管するタイプのウォレットです。ネットに接続できる環境さえあればいつどこでも利用できるので非常に便利ですが、逆に誰でもアクセス可能とも言えるため、セキュリティ面はやや心もとない部分があります。

メリット:いつどこでもアクセスでき、利便性が高い
デメリット:ハッキングの危険性が高い
例)BitGo、Coinbaseなど

ペーパーウォレット

ウェブウォレット

仮想通貨を暗号化した秘密鍵を紙に印刷して保管するタイプのウォレットです。完全にネットから遮断された状態で保管できるので、ハッキングのリスクなどはありません。しかし紙で保管するため紛失の危険性があります。

メリット:ハッキングの危険性がない。セキュリティは最高クラス
デメリット:紛失の危険性、利便性に欠ける
例)bitaddress.org、liteaddress.orgなど

取引所をウォレット代わりに使うのは危険!

ウォレットを持たず、取引所をウォレット代わりにして仮想通貨を保管している人はたくさんいます。しかし取引所はあくまで仮想通貨を「購入するところ」であって、「保管する場所=ウォレット」ではありません。
銀行にお金を預けたままで、全く財布を持っていない人はいませんよね。仮想通貨を購入したら必ずウォレットに移して保管するようにしましょう。

取引所もウォレットもセキュリティ設定を忘れずに

取引所には多数の口座があり、多額の仮想通貨が集まっています。ゆえにハッキングの標的とされることが多く、実際にいくつか事件も起こっています。
取引所もウォレットもセキュリティ対策は万全しておきたいもの。セキュリティチェックしておきたいポイントを紹介します。

その取引所、ウォレットの信頼性をチェック

現在、国内の取引所は「仮想通貨交換業者」として、金融庁・財務局に登録することが義務付けられています。正式に認可を受けている=安全というわけではありませんが、最低限の基準として考えてください。

また、取引所やウォレットに導入されているセキュリティ技術も重要なチェックポイントです。
特に下記のセキュリティは仮想通貨を管理する上で重要な技術です。
利用する取引所やウォレットにこれらが使われているかどうか確認しておきましょう。

  • コールドウォレット:仮想通貨保管の基本ともいわれる、オフライン状態で仮想通貨を保管する技術
  • マルチシグネチャ(マルチシグ):1つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる技術

パスワードや二段階認証の設定を必ずしよう

自分でできるセキュリティ対策の代表的な例がパスワードの設定です。
パスワードをこまめに変更するのはもちろん、必ず二段階認証の設定を行っておきましょう。

二段階認証とは?

設定変更や送金・出金の際、その時1度きりしか使えない「ワンタイムパスワード」が発行されるシステムです。メールやSMSで通知され、これを入力しないと手続きができません。二段階認証を設定するためのスマホアプリもあります。

取引所に長期で預けているのは危険

繰り返しますが、取引所は本来保管する場所ではないため、長期で預けているのはハッキング等のリスクが高まり非常に危険です。いくら取引所のセキュリティ技術が高くても、取引所をウォレット代わりに使うのはやめましょう。
「取引所で仮想通貨を購入→ウォレットに保管」までをワンセットとして覚えておいてください。

保管方法にあったウォレットを選ぼう

ウォレットにはさまざまな種類があるということは先ほど紹介しましたが、どのように利用・保管したいかによって最適なウォレットは変わってきます。
例えば普段から持ち歩いて使いたい人はローカルウォレット(スマホ)などのモバイルウォレット、長期的に保管しておきたいのであればハードウェアウォレットなど、メリットとデメリットを理解して、用途に応じたウォレットを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノで稼ぐための初心者向けカジノ生活応援ガイド

オンラインカジノランキング
人気スロットランキング
ライブゲームを楽しもう