オンラインカジノ初心者ナビ

取引所の口座を開設して仮想通貨を購入しよう!
保管や管理はウォレットが安心

取引所の口座を開設して仮想通貨を購入しよう!保管や管理はウォレットが安心

最終更新日:

ビットコインなどの仮想通貨でオンラインカジノに入金するには、まず仮想通貨を準備する必要があります。

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入することで入手し、ウォレットと呼ばれる仮想通貨専用の電子財布で管理することができます。

ここでは、仮想通貨の購入方法から管理方法まで、詳しく解説します。

オンラインカジノで使える仮想通貨を選ぼう

仮想通貨と言えばビットコインですが、ビットコイン以外にもたくさんの種類の仮想通貨があります。

オンラインカジノの入金に利用したい場合は、どのカジノサイトが、どの仮想通貨に対応しているかをまずチェックする必要があります。

オンラインカジノの仮想通貨対応一覧表

オンラインカジノ ビットコイン
(BTC)
イーサリアム
(ETH)
ライトコイン
(LTC)
リップル
(XRP)
ビットコイン
キャッシュ
(BCH)
ダッシュ
(DASH)
トロン
(TRX)
テザー
(USDT)
ベラジョンカジノ        
インターカジノ        
ミスティーノ    
ビットカジノ    
カジ旅        
エルドアカジノ
(パイザカジノ)
             

(※表は⇒方向にスクロールできます※)

特にこだわりがなければビットコインを購入しておくと便利

上記の表にあるように、オンラインカジノではいくつかの種類の仮想通貨を取り扱っています。

初めて仮想通貨を購入する場合は、「ビットコイン(BTC)」をまず購入するのがおすすめです。
オンラインカジノの決済用として購入するだけであればビットコインで十分ですし、ビットコインを持っておけば他の仮想通貨への換金も取引所で可能です。
※その取引所が対象の仮想通貨を取り扱っている場合に限る

それぞれの仮想通貨にこだわりがなく、まずは試しにという方は、迷わずビットコインを購入しましょう。

仮想通貨の取引所って何?

仮想通貨の取引所って何?

「取引所」は、簡単に言うと「仮想通貨の購入・売買を行うことができる場所」です。

取引所は仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」が取引を行う場所を提供します。
その時の仮想通貨の相場価格を確認しながら、それぞれが買値と売値を設定し、マッチングすると取引が成立し、仮想通貨を入手することができます。

取引をすると言っても個人間で商談ややり取りが必要なわけではなく、自分が買いたい(売りたい)金額を設定すれば、 条件に合う取引が自動的に行われるため、そこまで難しいものではありません。

取引所と販売所は何が違う?

一般的に「仮想通貨の取引所」と呼ばれているものには、大きく分けて2種類あります。

  1. 取引所・・・売りたい人と買いたい人が取引する場所を提供する。
  2. 販売所・・・取引所が保有している仮想通貨を買いたい人に販売する。

単純に仮想通貨を買うだけの場合は「販売所」の方が簡単ですが、「取引所」で購入するよりは割高になるので注意しましょう。
またそれぞれの企業によって「取引所・販売所」の両方を運営していたり、「取引所」のみを運営していたり様々ですので、口座を開設する前にチェックしておきましょう。

安全な仮想通貨取引所を選ぶためのポイント

安全な仮想通貨取引所を選ぶためのポイント

取引所の選び方には十分に注意を払う必要があります。
なぜならビットコインをはじめとした仮想通貨のハッキング事件などは、取引所のセキュリティ対策の甘さが原因で起こっていることがほとんどなのです。

国内では有名な取引所であった「coincheck」で、仮想通貨「NEM(ネム)」が大量に盗まれたことがありました。

そういった被害にあわないように、できる限り安全な取引所を選ぶようにしましょう。

チェックしておきたいポイント
  • セキュリティ対策
  • 運営会社
  • 運営会社の資本金
  • サポート体制

特に重要なのはセキュリティ対策です。仮想通貨自体のセキュリティが高くても、取引所が対応していないと意味がありません。

セキュリティ対策として以下の機能があるかは確認しておきましょう。

  • コールドウォレット
    →ネットに繋がっていないローカル環境で仮想通貨を保管
  • マルチシグ
    → 仮想通貨を送付するのに複数の電子署名が必要となる仕組み
  • 2段階認証
    →ログイン、入出金などの手続き時に本人確認をする仕組み

取引所を選ぶ場合は、上記の3点を最低でも押さえておきましょう。

仮想通貨の取引所の口座開設から購入までの流れ

ビットコインなどの仮想通貨を入手するには、まず「取引所」に登録し、口座を開設する必要があります。

取引所を開設するために準備するもの

取引所を開設するために準備するもの

登録はネット上で可能ですので、PCかスマホだけですぐに開設できます。
取引所に口座を開設するために、下記の4点を準備しておきましょう。

  1. メールアドレス
    携帯電話のキャリアメールはエラーが多いので注意。
    GmailやYahoo!メールなどのフリーメールがおすすめ。
  2. 入出金用の銀行口座
    ネットバンクなどネット上で振込などができる環境を作っておこう。
  3. 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
    顔写真付きの公的な証明書であることが条件
  4. 住所確認書類
    本人確認書類に記載の住所に在住であることを示す書類
    (電気・水道といった公共機関の支払い明細書など)

準備ができたら口座を作る取引所を選ぼう

準備ができたら口座を作る取引所を選ぼう

準備したものは、どこの取引所でもほとんどの場合必要となります。
すべての準備が整ったら、口座を開設する仮想通貨の取引所をどこにするかを選びましょう。

基本的に口座開設をするだけなら無料なので、登録して操作を試してメインとするところを決めても良いでしょう。

ここではいくつかの取引所を紹介しますので、気になったものは登録してみましょう。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine(旧QUOINEX)は世界最大の取引所。
取引手数料や口座開設手数料、口座維持費用など、各種手数料が無料なので、よく取引を行うなら特にオススメです。
オフラインで仮想通貨を管理する「コールドウォレット」を100%適用しているため、セキュリティの面でも安心。

取り扱い通貨 5種類 ビットコイン/イーサリアム/リップル/ビットコインキャッシュ/キャッシュ

bitbank(ビットバンク)

bitbank

ビットコイン以外のアルトコインは販売のみで取引形式で購入できないという取引所が多い中、安く購入できる取引形式が導入されているのはありがたいポイントです。
コールドウォレット・マルチシグなどセキュリティ面も安心

取り扱い通貨 6種類 ビットコイン/イーサリアム/リップル/ビットコインキャッシュ/ライトコイン/モナコイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM bitcoin

国内でも有名なDMMによる取引所がこちら。
主流な仮想通貨7種の取引が可能で、セキュリティ対策もしっかりしています。
大手企業による運営で安心感があることに加え、LINEサポートなどで気軽に相談しやすい環境があるので、初心者にもオススメです。

取り扱い通貨 11種類 ビットコイン/イーサリアム/リップル/ビットコインキャッシュ/キャッシュ

取引所の口座開設から出金までの手順

取引所の口座開設から出金までの手順

口座を開設する仮想通貨の取引所が決まったら、それぞれの取引所での案内にしたがって登録をしましょう。
その後の手順に関しては、下記の順番で進めてください。

  1. メールアドレスを入力して取引所に仮登録
  2. 取引所へ本人確認書類等を提出し本登録
  3. 日本円を入金
  4. ビットコインを購入
  5. ビットコインをオンラインカジノへ入金
  6. オンラインカジノをプレイ
  7. 勝利金をビットコインとして出金(取引所へ入金)
  8. ビットコインを売却
  9. 日本円を銀行送金

仮想通貨でオンラインカジノに入金して、勝つことができた時は勝利金をまた取引所に戻すことで、日本円に換金することができます。

中には換金せずに仮想通貨として管理したい人もいるでしょう。
その場合は、仮想通貨を取引所に置いたままにはせずに、しっかりと「ウォレット」で保管・管理するようにしましょう。

ここからは、ウォレットの種類と仮想通貨の管理について見ていきましょう。

仮想通貨を保管するならウォレットで安全に管理しよう

仮想通貨を保管するならウォレットで安全に管理しよう

取引所で仮想通貨を購入した場合、その仮想通貨は取引所の口座に保管されます。
しかし取引所に預けたままにしていては、ハッキングや不正送金のリスクが高まり危険です。

仮想通貨は自己管理がとても大切。
自分の仮想通貨を保管して守るために、「ウォレット」と呼ばれる専用の財布を用意しましょう。

仮想通貨を保管するウォレットって何?

「ウォレット」とは、その名の通り仮想通貨を保管しておく「仮想通貨専用の電子財布」です。

ウォレットにはいくつかの種類があり、ウェブ上で管理するものやローカル(ネットに繋がっていない状態)で管理するものなど、用途などによって選び方が変わってきます。

ウォレットの種類とそれぞれのメリット・デメリット

まずは、ウォレットの種類について紹介していきます。

それぞれのウォレットのメリット・デメリットを見て自分のスタイルに合ったウォレットを選ぶようにしましょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

ハードウォレットは、USBのような専用端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。
ネットから遮断された状態で管理するので、ハッキングの危険性を下げることができます。セキュリティが高く、長期管理に向いています。

サービス例 Trezor、Ledger Nano Sなど
メリット ハッキングのリスクが低い
デメリット 利便性にやや欠ける、価格が高価

ローカルウォレット

ローカルウォレット

PCやスマホ上でローカル管理するタイプのウォレットです。
仮想通貨自体は端末そのものに保管されますが、端末はネットに接続することが可能のため、少し注意が必要です。

サービス例 Copay、Gincoなど
メリット 利便性とセキュリティのバランスが良い。初心者におすすめ
デメリット その端末でなければ操作できない。端末故障の危険性

ウェブウォレット

ウェブウォレット

Web上に保管するタイプのウォレットです。
ネットに接続できる環境さえあればいつどこでも利用できるので非常に便利ですが、逆に誰でもアクセス可能とも言えるため、セキュリティ面はやや心もとない部分があります。

サービス例 BitGo、Coinbaseなど
メリット いつどこでもアクセスでき、利便性が高い
デメリット ハッキングの危険性が高い

ペーパーウォレット

ペーパーウォレット

仮想通貨を暗号化した秘密鍵を紙に印刷して保管するタイプのウォレットです。
完全にネットから遮断された状態で保管できるので、ハッキングのリスクなどはありません。しかし紙で保管するため紛失の危険性があります。

サービス例 bitaddress.org、liteaddress.orgなど
メリット ハッキングの危険性がない。セキュリティは最高クラス
デメリット 紛失の危険性、利便性に欠ける
取引所をウォレット代わりに使うのはセキュリティ上NG

ウォレットを持たず、取引所をウォレット代わりにして仮想通貨を保管している人はたくさんいます。

しかし取引所はあくまで仮想通貨を「取引するところ」であって、「取引所=ウォレット」ではありません。
取引をするまでの一時的な保管場所である、という認識を持ちましょう。

取引所に預けておくにしても、ウォレットで管理するにしても、どちらも共通して注意すべきなのがセキュリティ設定です。

取引所もウォレットもセキュリティの設定はかなり重要!

取引所もウォレットもセキュリティの設定はかなり重要!

取引所には多数の口座があり、多額の仮想通貨が集まっています。
ゆえにハッキングの標的とされることが多く、実際にいくつか事件も起こっています。

取引所もウォレットもセキュリティ対策は万全しておきたいものですね。

パスワードや二段階認証の設定を必ずしよう

自分でできるセキュリティ対策の代表的な例がパスワードの設定です。
パスワードをこまめに変更するのはもちろん、必ず二段階認証の設定を行っておきましょう。

二段階認証とは?

設定変更や送金・出金の際、その時1度きりしか使えない「ワンタイムパスワード」が発行されるシステムです。
メールやSMSで通知され、これを入力しないと手続きができません。二段階認証を設定するためのスマホアプリもあります。

取引所もウォレットもセキュリティ設定をするのは、少し面倒ですが、大切な資産を守るうえではとても大事なことになります。

取引所に登録した時や、ウォレットアプリをダウンロードした時に、その流れでセキュリティ設定までしておきましょう!

仮想通貨とウォレットの準備ができたら、オンラインカジノに入金してみましょう。

仮想通貨に対応しているオンラインカジノと、対応している仮想通貨の一覧、大まかな手順はこちらで解説しています。

仮想通貨で入出金する方法と対応のオンラインカジノ